会社概要

会社概要

商号 株式会社 荻野精機製作所
会社所在地 〒335-0001
埼玉県蕨(わらび)市北町3丁目7番19号
TEL:048-443-2211(代)
FAX:048-443-2214
創業 昭和35年10月1日
代表者 代表取締役 荻野 真也
事業内容 自動切断機の製造販売
部品加工
前各号の付帯する一切の業務
取引銀行 みずほ銀行 川口支店
武蔵野銀行 蕨支店
商工組合中央金庫 さいたま支店
営業機種
  • スーパーカッター(連続自動切断機)
  • NC制御付ロール送り自動切断機
  • NC制御付自動打抜き機
  • 寸法微設定装置付自動切断機
  • ロータリーカッター
  • リニアモータ搭載超精密切断機

特殊刃物の設計・製作
切断機に附帯する装置の設計・製作

アクセス

所在地
〒335-0001 埼玉県蕨市北町3丁目7番19号
TEL 048-443-2211(代)
FAX 048-443-2214
電車・バスの
ご利用
蕨駅西口(蕨駅改札を出て左)を出て、目の前のバス停より、国際興業バス「蕨50 南浦和駅西口ゆき」または「浦19-2 浦和駅西口ゆき」に乗車し、「高校入口(県立蕨高校)」で降車ください。
<乗車時間:約7分>
降車したバス停近くの十字路を右(南)に曲がり、『立体駐車場入口方面』に徒歩1分行きますと、弊社に到着致します。
 

会社沿革

1960年10月(昭和35年)
荻野精機製作所(自営業)を富国ゴム工業株式会社(現㈱フコク)本社工場内川口市で創業。
1963年6月(昭和38年)
未加硫ゴム自動切断機を開発、製造販売開始。
1967年10月(昭和42年)
埼玉県蕨市に新工場及び事務所、倉庫を新築移転。
1970年4月(昭和45年)
株式会社荻野精機製作所に組織変更。資本金200万円。代表取締役荻野正一。
1972年1月(昭和47年)
「ゴム板定幅裁断装置」の実用新案特許を取得。
1974年7月(昭和49年)
第2工場・事務所完成。工場生産能力を拡大。
1975年6月(昭和50年)
RH1-40高速チューブカッターを開発。製造・販売を開始。
1976年3月(昭和51年)
400万円を増資。資本金600万円になる。
1976年9月(昭和51年)
RK1ロータリーカッターを開発。製造・販売を開始。
1977年8月(昭和52年)
SL1-100パッキンスライサーを開発。製造・販売を開始。
1978年9月(昭和53年)
RL1-35パッキンスライサーを開発。製造・販売を開始。
1980年8月(昭和55年)
PE1ハーフカッターを開発。製造・販売を開始。
1986年8月(昭和61年)
NS送り装置を開発。製造・販売を開始。
1989年1月(平成元年)
敷地を拡大し新社屋を建設。
1989年12月(平成元年)
2400万円を増資。資本金3000万円になる。
1997年9月(平成9年)
機械式刃高調整機構を開発。搭載機の製造・販売を開始。
1997年10月(平成9年)
第1工場を建て替え。
1998年4月(平成10年)
簡易NC制御方式のS型シリーズの製造・販売を開始。
2000年6月(平成12年)
NSシリーズにリニアモータを採用。製造・販売を開始。
2001年6月(平成13年)
代表取締役に荻野正秀が就任。
2005年10月(平成17年)
サーボ式刃高調整機構を開発。搭載機の製造・販売を開始。
2006年5月(平成18年)
刃高バランス調整機構を開発。搭載機の製造・販売を開始。
2009年4月(平成21年)
PZ機NZ機を開発。製造・販売を開始。
2009年8月(平成21年)
PC機NC機を開発。製造・販売を開始。
2010年1月(平成22年)
中国江蘇省常州市に荻野精密機械(常州)有限公司を設立。
2020年1月(令和2年)
代表取締役に荻野真也が就任

カット方式、商品一覧、受注プロセスを紹介した弊社カタログです。

「どの切断機がどの素材に適しているか」が一目で確認できる一覧表です。